おざわよしなか

大学卒業と共に実家の会社に入社しました。
最初は一兵卒として、事務所の掃除からトイレの清掃まで何でもやりました。
大学4年生で会社の手伝いを始め、
入社してからズーッと「休みは週一回あれば良いほうだ」の生活を今でも続けています。
経営者になって8年が過ぎ、
「小田原は中央の景気の外にあって、上向くことは経験したことがない。」のが正直な手応えです。