おざわよしなか

今までは、ちょっと気取った自己紹介でしたが、本当のことを言います。
私にはトラウマがあります。それは「おねしょ」の経験です。
小学校4年生の時、私は「おねしょ」をしてしまいました。
今でもはっきり覚えています。何故かあの感覚は「デジャブ」です。
もう一つ、私は「無口な子」だったようです。
3歳まではほとんどしゃべらず、「この子は一人前にしゃべれるようになるのだろうか。」と
祖母が本当に心配したそうです。
さらに、私の引っ込み思案な性格です。
父が政治家であったので、小さい時から「人様に迷惑をかけない、人様にはお世話になっているので
自分の本音を出してはいけない。」と周囲から言われてきました。
ですから、小学生の時から「自分を抑える」ことが習性でした。
祖父や父の仕事柄、結果として、私は「恥ずかしがり屋で社交性のない子供」でした。